『グループセックス』では、乱交・スワップ・相互鑑賞・カップル喫茶などのまとめを紹介しています。

グループセックス2ちゃんねるまとめ

3P4P

この前、友達と3Pの話題になり、試しにやってみることにした。(その2)

更新日:

優子の表情が変わっていく。「んっ・・あっ・・」

我慢できなくなったのか、腰を浮かせて動かしはじめた。

指をピストンさせながら、乳首を舐め回す。

「あっ・・どうしよう・・変になっちゃいそう・・」

「もっといやらしくなっていいよ。何が欲しいのか言ってごらん?」

俺がそう言うとダチが

「これだろ?なぁ?」といってチンコを握らせた。

優子はダチのチンコを上下にさすり始めた。

「いいぞ・・」ダチがつぶやくように言った。

俺は膝立ちになり、もう片方の手で優子の足を掴んで持ち上げた。

俺の目の前で、優子のオマンコが俺の指を吸い込んでいく。

「ほら、いやらしいオマンコがよく見えるよ」

「いやぁ・・・ん」

「ここがいいだろう?」Gスポらしきところをを擦ると

「んあぁあぁっ・・」ビンゴ。

汁が溢れ出て、腹までしたたり落ちていく。

「もう欲しくてたまらないんだろう?」

「うん・・」「欲しい・・」「なにが欲しいんだ?」

「ちんちん欲しいよぉ・・」

「入れて・・お願い。」

「よし。いいこだ。ちょっと待って」

俺はダチとポジションを交代した。

ダチが優子に入れようとすると、優子は自ら腰を上げて、

ダチのチンコを飲み込んだ。

「すげぇ!締まりいいな!」ヤツはそう言うと、

優子を後ろ向きにした。

俺は待ってましたとばかりに優子にくわえてもらう。

舌の先でチョロチョロと亀あたりを舐めたかと思うと、
だんだんおいしそうに竿もしゃぶりはじめた。

コイツほんとにすげぇや・・

俺はイきそうになりながらもビデオを撮り続けていた。

「んぐっ・・んぐっ・・」後ろから突かれるたびに、

少し苦しそうになる優子。

ダチは、結局そのままイッてしまった。

俺は頑張って我慢して、続けざまにグチョグチョのオマンコに入れた。

優子はもうすでに半分イッていた。

俺は少し腰を引いてから狙いを定めて何度も突き上げた。

「ああ・・もう我慢できなぁい!イ・・イッちゃうよぉ・・!」

「我慢しなくていいよ。イッていいよ」

「はぁっ。あぁぁん・・!」

「んっ・・」優子は黙ったまま、ビクンビクンと体を震わせた。

と同時に、オマンコもビクビク痙攣して俺を締め付ける。

俺もイッた。優子のオマンコは最高だった。

優子の右乳にはダチのザーメン。

左乳には俺のザーメンがかけられていた。

優子はまだかすかにピクンピクンと痙攣しているようだった。

ダチはその様子もしっかりビデオに納めていた・・

優子もクセになったらしく、また俺達と会いたいと言っている・・

-3P4P

Copyright© グループセックス2ちゃんねるまとめ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.