「ユカちゃん、こんなに酒癖悪かったのか?キス魔かよ」

営業二課のT主任が結婚休暇を取ると聞いた時、そのお相手は当然業務課の
ユカだとばかり思いました。
上手く隠しているつもりだったのでしょうが、よほど鈍い者以外は二人の
関係に気付いていました。
なにしろ間抜けな真似をしていたのですから。
同じ日に有給を取ったり、T主任の一泊出張時にユカが休んだり、もちろん
二人が一緒のところを直接目撃した奴もいました。
不倫でもなければ社内恋愛が禁止されているわけでもない。
別段支障もない筈なのに、妙にコソコソすることでもしろ周囲からは反感を
持たれていました。
「「ユカちゃん、こんなに酒癖悪かったのか?キス魔かよ」」の続きを読む…

彼女も見ている中でA子のブラを取り、ジーンズを脱がせ、中に着ていたTシャツとパンツだけにして布団をかけた。

金曜夜に彼女(28歳/ひとり暮らし)の部屋に行った。
ちょっと遅いクリスマス。
白ワインと缶チューハイを購入、途中エロ店でよく売っている女性用液体媚薬を購入。
狂ったようにヤリまくる予定だった。

TV見ながら飯食ってると、彼女の会社の元先輩A子(既婚/38歳)から彼女の携帯にTEL。
どうやら彼女がひとりだと思ってワインを持って部屋に来るという。
「彼氏が来てるけどいい?」と遠回しに断るつもりが、相手がすんなりOK。
「彼女も見ている中でA子のブラを取り、ジーンズを脱がせ、中に着ていたTシャツとパンツだけにして布団をかけた。」の続きを読む…

「T君がいるからここまでにして・・・。」とか言ってましたが、「大丈夫。隣には絶対に聞こえないから・・・。Tも疲れてぐっすり寝てたよ。」(その2)

問題はどのようにしてそうゆう状況に持ち込むかです。
非常に警戒心の強い彼女、しかもTとは以前の事もあるので絶対に
3人では会ってくれないからです。
私達はTの彼女(性格にはSF、なかなか立派なあそこを持っているT
はメル友サイトで2人のSFをゲットしていた。今回はその内の
一人(M)に頼んだ。歳は22歳、専門学生はっきり言って淫乱。
「「T君がいるからここまでにして・・・。」とか言ってましたが、「大丈夫。隣には絶対に聞こえないから・・・。Tも疲れてぐっすり寝てたよ。」(その2)」の続きを読む…

「T君がいるからここまでにして・・・。」とか言ってましたが、「大丈夫。隣には絶対に聞こえないから・・・。Tも疲れてぐっすり寝てたよ。」(その1)

僕は24歳のフリーターですが、今同じ歳の彼女がいます。彼女は今まで僕
としか付き合った事がなく、もちろんHも僕が初めての相手でした。でも決
してブスではありません。性格がとても真面目で男性に対して物凄くオクテ
だっただけです。顔はグラビアアイドルの酒井若菜にそっくりです。僕の友
達も密かに思いを寄せている奴が何人かいます。
「「T君がいるからここまでにして・・・。」とか言ってましたが、「大丈夫。隣には絶対に聞こえないから・・・。Tも疲れてぐっすり寝てたよ。」(その1)」の続きを読む…

「でも、私の方が胸大きいよ。」ってAがブラを外した。(その2)

俺が「そんな事されたら犯っちゃうよ。」と言ったら二人から「いいわよ。」と言われたので
二人を抱き寄せて交互におっぱいに吸い付いた。
Bのおっぱいの方が柔らかい。乳首が小さくて乳輪も小さい。乳輪は見事としか言えないピンク色。
対してAは乳輪が程良く大きくて何かいやらしい。乳輪は肌色に近い淡いピンク色。弾力が凄い。
交互に吸ってたらAから「私達の裸を見たんだから○○さんも脱いで。」って。
「「でも、私の方が胸大きいよ。」ってAがブラを外した。(その2)」の続きを読む…

「でも、私の方が胸大きいよ。」ってAがブラを外した。(その1)

有給を利用して二泊三日ツーリングでZRX1100に乗り日本海を見に行った。
此処は随分前に家族旅行で来て以来だったので凄く楽しみだった。
何度見ても怖いねぇ。波が荒いし、色が何とも・・・波飛沫も迫力有るし。
此処の海に落ちたら一気に沖合まで持って行かれそう。お~怖っ。って思いながら
海岸線を走ってた。
「「でも、私の方が胸大きいよ。」ってAがブラを外した。(その1)」の続きを読む…

俺の過去で最高の王様ゲームの思い出、話していいですか?

俺の過去で最高の王様ゲームの思い出、話していいですか?

参加人数は、男3人・女3人。
大学で同じ授業をとっていることをきっかけに、飲みに行くことがあって、
その後男のひとりの家に移動。
王様ゲームってやったことある?って話になって、
3人ともやったことないって言うから、
「じゃあやってみるべ?そんな過激なことはしないからw」と無理矢理スタート。
「俺の過去で最高の王様ゲームの思い出、話していいですか?」の続きを読む…

「なぁ、最後にやらせてって言ったら怒る?」(その2)

今までこんなことになるとは思っていなかった友達とするSEXっていうのはかなり
興奮するものだった。
それはマユミも同じなのか、俺とマユミが早くも69の体勢でお互いのあそこを
強烈に舐めあっていると、マユミのオマンコからは本当にダラダラとしか言いようが
ないぐらいの大量の愛液が垂れてきた。
少ししょっぱい愛液に興奮し、俺が一心不乱にマユミのオマンコを舐め、マユミも
あえぎ声をあげながらも俺のチンポにむしゃぶりついていると、横からアキラが声を
かけてくる。

「「なぁ、最後にやらせてって言ったら怒る?」(その2)」の続きを読む…

「なぁ、最後にやらせてって言ったら怒る?」(その1)

もう10年ぐらい前の出来事なんだけど、バイト先の仲間で俺ともう1人の男と
女2人の4人でよくつるんでいた。
バイトっていっても華やかさとは無縁の、どちらかといえばガテン系の職場で、
仕事は小汚くて、いつも金は無く、自分で言うのもなんだけどまーあんまり
パッとしない4人組だった。
「「なぁ、最後にやらせてって言ったら怒る?」(その1)」の続きを読む…

夜中、物音と話し声らしき物がして「…?」と薄目を開けて見ると…

先日見てしまった。
その日、会社の同僚連中(俺、同僚男のAとB、同僚女のKとM)で飲み会をした。
一次会は居酒屋でそこまでは何ら変わらず普通だった。
一次会が終わり、どうするか話し合った結果、一番近い俺のアパートで二次会をしようという事になった。
俺の同僚は皆仲が良く、誰かのアパートに集まり飲みをする事がよくあったためKとMもいつも通りに来た。
Kは、性格はサバサバしてるが華奢で色白で可愛いく、芸能人で言うなら見た目は小倉優子って感じ。
Mは、結構わがままな子。 見た目は柴崎コウを太らせた感じ。
で、俺は入社した時からKの事が好きだった。しかし、すでにKには彼氏が居たため俺はその思いを自分の中に留めていた。
「夜中、物音と話し声らしき物がして「…?」と薄目を開けて見ると…」の続きを読む…

王様ゲームする事になったきっかけは、ちょっとした下ネタからだった。(その3)

貴子と明美は抵抗する事なく舌を絡ませ、抱き合った。
弥生は未だに放心状態…

二人のキスは激しさを増し、貴子は明美の胸を揉みながらしていた。
二人は寝転ぶと、貴子が上になり、乳首を軽く舐め始めた。
明美「あん…女の人の舐めかたって優しいね。」
貴子は乳首を舐めながらも、手は明美の股間に滑らせた。
「王様ゲームする事になったきっかけは、ちょっとした下ネタからだった。(その3)」の続きを読む…

王様ゲームする事になったきっかけは、ちょっとした下ネタからだった。(その2)

俺は中指を貴子の中に入れると、弥生も覗き込むように真剣に見てた。
「弥生もやってみるか?」と聞いたが、
「嫌だよ~」
と拒否った。
でも俺は弥生の手をつかみ、貴子のマンコに無理矢理導いた。
「それだけは許して~」
と貴子も拒否りレズプレイは未遂に終わった。
でも、俺は、
「許してあげるかわりに、一人エッチ。さぁ、どっちがいい?」
貴子はなくなく一人エッチを選択した。
「王様ゲームする事になったきっかけは、ちょっとした下ネタからだった。(その2)」の続きを読む…

王様ゲームする事になったきっかけは、ちょっとした下ネタからだった。(その1)

俺が19歳ぐらいの時にやった体験を書きます。
男のメンバーは俺(俊之)、良平、
女は貴子、弥生、明美で全員が同じ高校の同級生。
それと、みんなの共通の友達で高橋って言う男でしました。
貴子の家族が旅行中だったので、貴子の実家でしちゃいました。
以前にも俺と高橋は貴子と3Pした事がありました。
「王様ゲームする事になったきっかけは、ちょっとした下ネタからだった。(その1)」の続きを読む…

女子達は笑い者にするよりも、僕のアソコを足で踏んだり、お尻を蹴られたり、精子を舐めさせられたりしました。(その3)

そして僕はユリの気持ちのイイ所と、クリを同時に攻めると、ユリは「あふぁぁあ、あああん、ああああ、やめっ、あああ、くっ」と声をもらして感じていた。
ユリはすぐに片手で目を隠して、もう片手で口を塞ぎました。
結局ユリは下半身無抵抗の姿勢にならざるを得なかったので、僕は容赦なくチ○コを叩き込み、クリを擦りました。
ユリが感じてるのは一目瞭然でした。
だって、ハメ潮が「ピュッピュッ」と飛び出しています。
特に奥まで突っ込んで、抜く時にすごい量で出ていました。
「女子達は笑い者にするよりも、僕のアソコを足で踏んだり、お尻を蹴られたり、精子を舐めさせられたりしました。(その3)」の続きを読む…

女子達は笑い者にするよりも、僕のアソコを足で踏んだり、お尻を蹴られたり、精子を舐めさせられたりしました。(その2)

そして新しいギャルが顔に股がってきました。
目隠しされてるので、何となく肉ヒダっぽいのが当たったら舐めはじめました。
さっき同様で、もの凄く感じていました。

「あっ、ああっ、あんっ、やばいよ、あんっ、何これ、あんっ、ああ、ああああ、彼氏よりやばいんだけど、あんっ、あああああ、あっ、あん、ああああ」

僕は毎日恵美子とエッチをするようになって、恵美子が気持ちイイように必死で考えて色々実戦していたので、それが思わぬ所で発揮されてしまいました。
今まで一度もイッた事の無いギャルも、あっという間にイカせてしまいました。
「女子達は笑い者にするよりも、僕のアソコを足で踏んだり、お尻を蹴られたり、精子を舐めさせられたりしました。(その2)」の続きを読む…

女子達は笑い者にするよりも、僕のアソコを足で踏んだり、お尻を蹴られたり、精子を舐めさせられたりしました。(その1)

こんにちは、僕は今25才の男です。

これは学生時代にあった話です。

僕は小学校の時からイジメにあっていました。
最初の理由は鼻がでかいので『外人』と言われてからかわれました。
そしてさらに僕は身長が小さいので、「外人のくせにチビ」という理不尽な理由でイジメられていました。
「女子達は笑い者にするよりも、僕のアソコを足で踏んだり、お尻を蹴られたり、精子を舐めさせられたりしました。(その1)」の続きを読む…