宴会コンパニオンのアルバイトでヤクザに酔わされて……

c6373dd2今から20年程前の話です。

私はまだ未成年者ギリギリで、あまり怖いものも無く、ただ海外旅行とかブランド品など遊びに目が向いていた頃の事です。

会社勤めで事務員をしていましたが、独り暮らしで生活するだけでいっぱいいっぱいの給料でした。

それでも、衣服や靴、バッグなど見栄を張りたい方だったし、私が住んでいた地方は海岸と山間に挟まれたような土地柄で、地方向けの鉄道などの公共交通機関は発達しておらず、もちろん地下鉄など1本もなく、必然的に自家用車、バイク、自転車が交通手段でした。

公営バスはありましたが、JRの主要駅から各方面に行き来する循環系の路線ばかりでしたので、利用するならまずは自宅近くの停留所から駅に向かうバスに乗り、駅前のバスターミナルで目的地方面に向かうバスに乗り換えなければなりません。

通勤の都合もあり、マイカーを利用する人も多く私もその1人でした。

マイカーのローンもあって家賃もあり、出ていくお金と入ってくる給料のバランスは甚だしく悪化していました。

夏のボーナスは遊びを優先して消えてしまい、冬のボーナスまで毎月赤字を覚悟で臨まなければなりませんが、冬のボーナスまで赤字が累積して悲惨な状態。

何か臨時収入が無ければ赤字を補填できず、やっていけないのでした。

私みたいな隠れ貧乏の見本みたいな子は何人か居ましたが、基本的に家族と一緒に住んでいる子は何かと助けて貰えるようですが、私は私自身が稼がなきゃならないので、分かりやすく「やるしかない」のです・・・。

とは言うものの何に掛ければ良いのだろう?

お水系でも衣装とか装飾品に元手が掛かるし、そんなお金も無いし、呑むのも好きじゃ無いし、顔見知りだし、夜は遊びたいから毎夜の仕事は嫌だし、あぁ・・・と思ってました。

根本的に怠け者なんです。

そんなある日、貧乏仲間のエリが半信半疑な美味いバイトを探しだしてきた。

「普段着でいい。ある仕事仲間の親睦会を兼ねた観光旅行に付き添うだけ。1泊2日の始まりから終わりまで拘束されて10万円。1日目の夜は宴会があるからちょっと長いけど、宴会が終われば解放される。もちろん旅費も食事代も宿泊費も向こう持ち。年配者が多くて筋を通す人ばかりだから、もしかしたらお小遣いくらい貰えるかも」

って夢みたいな話。

私は、二つ返事で了承した。

何でも「5人でも10人でもいい。華やかで賑わってくれれば」みたいな感じで、電話して少し話しただけで面接なく内定。

5日前には

「バイト代、少し色を付けさせて貰いました」

と連絡があり、口座に20万円が入金されていた。

振り込んだ会社名なのか親睦団体名なのか「◎○×会執行部」と通帳には印字されていた。

当時の私に「20万円」という金額は大金でもあり、降って湧いたようなアブク銭のようでもあり、特に「色をつけた」と言われる10万円は元々予定に無い収入だと思ったら使うのに何も躊躇いも無く、ほんの3時間ほどの買い物で消えてしまったけど、後悔もナニも無かった。

当日、駅前に観光バスが迎えに来ているから、そのバスに乗る所から私たちの仕事が始まる。

エリを待ちながら、その「◎○×会ご一行様」とプレートがフロントの窓ガラスの上に掲げられたバスの横に立っているだけだったのです。

見ると関係者らしき中年から初老、老年といった人生のベテラン達が次第にバスの周辺に集まり始めましたが、年齢に関係無く、皆さん短髪で透光率が高くないサングラスやテレビ番組の大門軍団や黒岩軍団みたいな、いかにもって感じのサングラスを付けたダークスーツの人たちが集まりました。

目を合わせないように探ってみると、年功序列を形にするとこうなるんだな・・・と思えるような景色でした。

私が「中年」と見た人たちは「初老から老年」の人たちの付き人みたいに着かず離れず傍にいました。

時々、「お疲れさまです」とか「ご苦労さまです」と大きな低い滑舌の良い声で、他の「初老から老年」の先輩らしき人に挨拶し、また、その「初老から老年」の人に着いていた「中年」の人たちも同じように挨拶を返していました。

私は、大学か何かの運動部か何かの集いだと思って

「いくつになっても礼儀を重んじて気持ちいいなぁ・・・」

なんて思ってました。

いよいよエリも来てバスに乗り込むと、総勢約30名余りの大門軍団と不釣り合いなキャピキャピギャル6名に運転手さんとバスガイドさん。

バスガイドさんの説明によれば、補助席を含めれば70人以上を乗車可能なバスを46人乗りにして1つ1つの席を広くし、ある程度のプライバシーを守りつつ互いの交流を妨げない配慮がされている観光バスとのこと。

運行予定では、休憩は大体2時間を越えない程度にSA、PAを基本にバスを停めるそう・・・。

但し、どなたか1人でも緊急な用件を御持ちになられた場合は臨時休憩、停車もありますとのこと。

なんか、バスガイドさんも緊張してるみたいで和やかな雰囲気は狭い範囲でローカルに感じるだけでした。

ガイドさんの挨拶が終わったら、続いて幹事さんのご挨拶、ガイドさんの「挨拶」と比べて幹事さんのは確かに「御挨拶」と「御」の字を付けなきゃ礼を失すると思えるような難しい言葉を連ね流れるような綺麗なイントネーションで行われました。

「御一同様」とか「皆々様」とか「家族」「兄弟」「身内」とか親族系の言葉が多く使われ、時には座席からも「その通りっ!」とか「よっ良いぞっ!」とか声が掛かりました。

「では、僭越ながらバスの車中での乾杯の音頭を、私、三代目○○会総長を名乗らせて戴いておりますが、何せ若輩者ですよって失礼が御座いましたら何卒お許し下さいますようお願い申しあげます。では、四代目○×組傘下の皆々様の今後の御発展と御健康を御祈りして、乾杯っ!」

みたいな口上で音頭を取りました。

「みたいな・・・」という部分は、この口上を聞いて「本物じゃんかぁ~」と私が気付いてしまって怖じ気づき、ちゃんと聞いていたはずなのに、頭に記憶されていなくて正確に記述できないからです。

でも、私が記述した以上に丁寧な言葉でありながら迫力のある口上だったのは間違いありません。

乾杯の音頭により、それこそ皆々様が休む事なく一息にグラスの中の日本酒やウィスキー、ブランデーなどが飲み干され、歓声と拍手が暫く続きました。

私はチビチビ飲めばいいや・・・と思って、ウィスキーの水割りを手にしていましたが

「乾杯の音頭の時は途切れる事なく飲み干さなければならない」

と直前に一人の「付き人」さんが教えてくれたので、飲み終えたのは拍手の最中(さなか)でした。

うげぇっ、朝から食べずにアルコールイッキとはキツい・・・と実感した次第です。

その後は、「付き人」さんが他の「先輩たち」に酒を注いで回りながら改めて挨拶をしていましたが、聞くとは無しに耳に入ってくるのは「付き人」位に思っていた彼らが「若頭」とか名乗っていて重責に着いている人らしくて、週刊×代とかに記事として良く見る、そういう人種かと思い身震いがしました。

でも、そういう類いの緊張感は長く続きませんでした。

空きっ腹に水割りとは言え、ウィスキーを呑み、その後で場のタイミングを見ながらお酌しに行けば必ず「御返杯」で呑まされて・・・の繰返しで酔わされてしまいました。

ちなみに、相手方が呑んでいるものをお酌しますが、「御返杯」は同じもので返されますので相手は同じものを呑み続けますが、私はお酌する相手方が違うものを呑んでいれば、私も同じものを呑みますので必然的にチャンポン・ハイペースとなり、秋口とは言え良い天気の下、窓ガラスの広いバスの中、アルコールに暑さと人の熱気などで酔いも一気に回りました。

「なんや、もう酔ったんか?可愛いやぁ若い子は」

などとからかわれながらも更に勧められるお酒を断る事も出来ずにいました。

周りを見ると、バイトの女の子は全員酔って大変な事態になる寸前でした。

軍団の皆さんも暑さで酔いも回り、ダークスーツを脱ぎ始めていました。

地味な色使いながらビシッとして凛々しかった姿が肌も露わになり、色とりどりで芸術的な綺麗な図柄を披露していました。

女の子は8人くらい居たように思います。

みんな言われるままに普段着に少しお洒落をしたくらいの格好ですし、残暑くらいの気候でしたので、露出度の高い服装でした。

薄い生地のヒラヒラしたフレアーのミニスカートだったり、ノースリーブのダボッとしたトップだったり。

酔いもあったし揺れるバスの中、お酌しに歩き廻ったりして、着衣の乱れもソコソコでした。

世間的には間違いなく「セクハラ」だと思われるやり取りもあり、気持ち的には「もう、どうにでもして」っ感じでした。

多分みんなそうじゃないかな・・・。

でも、気がついた事があるんです。

酔い過ぎるとお酒も水のように飲めるんですね。

暑いし、なんだかんだと言ってもお酒を飲んでしまいます。

お酒を飲めば、目の前に龍がトグロを巻いていようが千手観音が佇んでいようが風景の一部にしか見えませんし、若頭とかいう立場の方たちもちょうど私の父親と一緒くらいか少し若いくらいのにこやかなオッサンにしか見えません。

お酒の力を借りているわけですが、もう怖いものはありませんでした。

しばらくして、バスはとあるSAに入りました。

時計を見ると、駅前でバスに乗り込んでから、1時間半程しか経っていませんでした。

そんな時間で私たちは殆ど出来上がっていました。

私たち女の子は、覚束ない足取りでトイレに向かいました。

観光シーズンの入りたてみたいな時期でしたので、SAには他県ナンバーの観光バスも多く、私たちのバスの後からも何台も観光バスが入っていました。

当然女性客も多く、また酔っている人は皆無でしたので足取り軽くトイレに向かって行きました。

私たちがトイレに着くと長蛇の列が出来ていました。

不思議なもので、酔いとは全く関係なく、催していなくてもトイレに並んでいると催してくるものなんですね、私も経験ありますが。

我慢できなくなっても順番を譲ってくれるような女性はいません。

みんな、涼しげな顔をして必死に我慢しながら順番を待っているのです。

知る人ぞ知る・・・ですが、女の子は一度出かかったオシッコを止める事が出来ません。

中からオシッコの圧力で尿道が開いたら、もう尿道を自らの意思で閉じるという事は出来ません。

中には自分の意思で尿道を閉じて、漏らさない女性もいるのかも知れませんが、私には出来ません。

トイレの前の長蛇の列を見て、「間に合わない事実」を悟った私は座りションを考えました。

トイレの横から裏に回りましたが、木々は綺麗に剪定され、地面も綺麗に掃除されていました。

座りションしたとして、これだけ観光バスが駐車していて乗客が女性だけ・・・って事はありません。

見た人は少なくとも写メされたりあからさまにデジカメやビデオで撮影され、サイトなんかに流されて知り合いに見られたら、マジ生きていれません。(そんな事ないかな?)

どーしよ・・・と青い顔してたら、若頭が声を掛けてくれました。

私は

「我慢できない。漏れそう。トイレの裏で座ろうかと考えてた」

と恥じらいもなく言いました。

「そりゃいかん。みんなに見られてしまう。男のトイレに行け。わしが付いてくさかい」

と言ってくれて、私たち3人は男子トイレの個室に入り、用を足しました。

私たちが男子トイレの中から出てくるのを見た長蛇の列を構成していた女性の何割かは男子トイレに殺到しました。

それでも我慢できない女性は、トイレの裏にしゃがんで済ませてたので、トイレの裏には臭いのキツい水溜まりが出来ました。

私は惨めな思いをしなくて済みました。

女子トイレで間に合ったエリたちが言うには

「女子トイレには、ペーパーが無かった」
br
そうです。

私たちは若頭にお礼を言いつつ早々にトイレの前から逃げるように立ち去りました。

バスに戻ると、緊張感が抜けたせいか脱力感を覚え、酔いが戻って来ました。

半分意識が遠退いて皆の声が遠くに聞こえていました。

なにやら私の身体を触ったり服を引っ張る人がいるのは判りましたが、抗議するのも面倒くさいし、目を開けるのも億劫でした。

しばらくはしたいようにさせていましたが、私を触っている人が誰かも判りませんでした。

私は、服を脱がされ始めました。

どれだけ時間が経ったのか判りませんが、いつの間にか全て脱がされていました。

そして、乳房を揉まれ股間を擦られていました。

「本当に指を入れるの?」

との女の子の声が聞こえ、私の中に指らしきものが入り、私の中をくねくねと掻き回します。

私は中学の頃からオナニーを始めて高校2年生の時に、さほど好きでも無かった同級生と興味本意でセックスしました。

今までに4人の男性を知っています。

この時の私は彼氏いない歴約半年で、オナニーはしてましたが誰かにサレるという事はありませんでした。

だからかも知れませんが、感じてしまいました。

「もっと強くって?早くって事?」

と、また女の子の声が聞こえました。

私は真っ裸で脚を開いて右足は前の座席の背もたれに上がっている状態で女の子に指で犯されていました。

いや、止めて・・・と言うべき所ですが私は「もっと苛めて」とお願いしていました。

男の声で「どっ」と笑い声が聞こえました。

私は意識は戻っていると思いますが、動けない状態でした。

ろれつが回らず力も抜けていて、何を言っているのか判らないようで、ただ間違いなく逝く寸前で、その様子を何人かの男気達が楽しんでいたようです。

ついに私は逝ってしまいました、女の子の指で。

初めて潮まで吹いてしまいました。

ゲラゲラ・・・と下品な笑い声が間近に聞こえました。

私は起き上がろうとした時、力が入らず再び眠るように意識が無くなりました。

このままじゃ何をされるか判らないという思いと、何をされても構わないという思いが交錯していました。

ただ、後からエリから聞いたのは私が顔を上げて

「中には出さないで。出来ちゃうから」

て言って再び寝入ったそうです。

その後暫く私の身体で遊んでいたようですが、無反応の私に飽きてターゲットが変わっていったそうで、結局バイトの女の子全員が遊ばれたそうです。

何度かトイレ休憩もあったらしいのですが、私は泥酔~熟睡状態で、バスガイドさんが

「危険だから誰かトイレに連れて行ってあげて」

と頼んでくれたらしく、真っ裸にミニスカートとよれたTシャツだけ着けた私を2人掛かりで男子トイレの個室に運び入れ、その2人に見られながら長い間放尿をしたようです。

私も夢の中の情景みたいにボンヤリした記憶ですが残っています。

女の子は皆、私みたいに男たちに助けられながら用を足したようです。

私を含めて皆、デジ写されたらしく後で意識が戻ってから見せられました。

バスの中でもデジカメやビデオで撮影された筈ですが、その写真や映像は見せられませんでした。

まだ、この時点で午後4時過ぎでした。

私は寝たのと身体を悪戯されたのと、大量のオシッコを排出したことから回復傾向にありました。

私の後で悪戯された子はまだぐったりしていましたが、酔いが醒めてくるのも時間の問題だと思います。

ホテルに着いたのは夕方6時頃でした。

私たちは自分の力でチェックイン出来なくて幹事さんが全員のチェックイン手続きをしてくれ、部屋割りもしてくれました。

私たち女の子はダブルの部屋を1人ずつあてがって貰いました。

親分たちは判りません。

多分、同じように広い部屋を使ったんだと思います。

宴会が午後7時から予定されていましたが、30分遅らせて開始しますと連絡があり、風呂に入っても良し、部屋で休んでも良し、浴衣に着替えて時刻までに宴会場に来て下さい・・・とのことでした。

私はベタついた身体も気持ち悪かったし、気分転換にもなるからと思って大浴場に行きました。

そこで気が付いたのです、私たちの他の宿泊客がいない事を。

お風呂を楽しんで下着を新しい物に替え、ホテルの浴衣に着替えて、着ていた衣類やタオルを手にしてホテルのロビーに行きました。

宿泊客を迎える看板は一枚しかなく、見ていると偶然バスガイドさんと出会いました。

「私たちだけなんですね、泊まり客は」

と言うと、バスガイドは

「いつもこの方たちは貸し切りにしてるのよね」

と意味深な笑いを浮かべました。

私は、予定時刻より少しだけ早く宴会場に行きました。

既に席割りは済んでいてテーブルの上に料理が並べられ銘々の名札も置いてありました。

名札には肩書きも書かれており「何々組々長」とか「何々組総本部長」とか記されていました。

「マジ、ヤバくない?」

と自分に問いましたが答えは

「もうしょうがないよ。なるようになるさ」

と妙に気楽でした。

親分に着いて付き人さんらも続々と宴会場にやって来ました。

私は自分の席を探して座りましたが、席は8つの島に別れ、親分と付き人は同じ島に座りました。

大体1つの島に2組が着くようです。

1つ1つのテーブルが大きくて、刺身の舟盛り等が置かれていても、まだ人が1人くらい横になれるスペースがありました。

今、並んでいるのと別の料理が後から出てくるんだなと思いました。

私たち女の子は一番下座の島をあてがわれましたが、料理は全く同じものでした。

ただ、私たちの島にはバスの運転手さんとバスガイドさんが相席でしたので、人数は多いのですが、まだ島の方が広く大きかったので狭苦しいという感覚はありませんでした。

全員が開始時刻より早く席に着き、例によって幹事さんの流暢な挨拶から始まりました。

私たちのようなアルバイトは例年使っているようで

「今年も素人女性の方々が趣旨に賛同して下さり、こうして誰一人欠ける事なく宴会に参加して下さいました。皆様、盛大な拍手でお迎え下さい!」

と言われ、私たちは拍手で歓迎されました。

そして

「私たちは血の繋がりもなく、本来は世間様の言われるところの他人でありますが、縁あって、こうして親子、兄弟の契りを交わした者であります。今夜は今一度、親子、兄弟の契りを再確認しましょう。乾杯の後は無礼講となりますが、そこは秩序を保ってお願いします」

で、乾杯となった。

さすが、宴会という事でグラスが大きくてピッチャーみたいな器で、地酒だと言われる日本酒を波々と注いだものを呑み干すには時間が掛かり、乾杯後の拍手までに数分掛かりました。

それからは「中締め」までは、呑めや食えやでカラオケを歌う者等もいて、普通の宴会と変わりませんでした。

私たちは、いわゆる宴会コンパニオンみたいなもので、バスの中同様に、お酌しに行っては「御返杯」を返されて・・・の繰返しで再び三度と酔わされました。

私が日常の生活では一生お目にかかれないような美味しい料理を楽しみながら、自ら酔っていった感覚があります。

「中締め」がありました。

一本締めだったと思いますが、三本締めだったかも知れません。

宴会の最後に「本締め」とかいう儀式をやったように思いますが、中締め前に既に酔っていましたので、やはり覚えていません。

ウロ覚えです。

私を含めて女の子は全員、かなりの酔い方でした。

浴衣がはだけ帯は無くなり、男衆の手によって下着も脱がされ、後で下着を探しても見つからない状況でした。

親分らの席に一人ずつ呼ばれて、「ワカメ酒を所望」みたいに言われて、テーブルにお尻をついて座らされ、1人ずつオマンコに口をつけたところに下腹部からお酒を垂らされ、そのお酒をすするように呑むというもので、お酒は無駄にしてはならないとか言って、お酒は垂らされていないのに、いつまでもオマンコをシャブリ続けられたりしましたが、私自身は悪い気はしませんでした。

むしろ、何人かが続いた頃には何度か逝かされていました。

その後は「女体盛り、所望」という事で私たちはテーブルに横になり、胸から太もも辺りまで舟盛りのツマから刺身から綺麗に盛られて四方八方から箸で突つかれながら私は感じてしまいました。

箸でクリトリスを挟まれたり乳首を摘まれたり、刺身でオマンコの縦スジをなぞられて膣口に刺身を入れられたり・・・して遊ばれました。

中でも、膣口から中にお酒を入れられてから縦スジを刺身で何往復も擦られてから膣に刺身を入れられて出し入れされると

「狂いそうになるけど止めないで」

とお願いしちゃう程です。

オマンコの中はアルコールの吸収と保持が優れているようで、翌日、身体が壁に触れたりスカートの中を風が通って、お尻に当たっただけでオマンコやクリトリスがビクッビクッしました。

私の身体から食べるものが無くなっても、箸で突つかれたり摘ままれたり、素手で触られたり指を使われたり・・・してメチャ感じてしまいました。

あまりに私が反応するので、

「松茸、欲しいか」

と言われ、松茸がチンコの事だと判っていても

「松茸、たべた~い。咥えるだけでも、咥えたい」

って言って、フェラチオを求めたり露骨に

「私のマンコを松茸で突ついて、掻き回して」

と、えっちを要求したり・・・。

テーブルの上でも5~6人、迎え入れても満たされず、宴会が終わってからも部屋に戻っても部屋の扉を開けたまま真っ裸で布団に横たわって来た人に身を委ねたりして。

「私って、こんなに淫乱だっけ?」

って思いながらも四つん這いになって、お任せしたり。

アナルバージンだったけど私からお願いしてしまったりして、私のアナルを犯した人は女の子の部屋を全部回って全員の全ての穴を完破したって言いふらして、刺激された何人かが全員じゃないけど真似して回ったらしい(笑)。

女の子の中にはアナル経験者もいたらしいけど、使用頻度が尋常じゃないから、私もそうだったけど翌日、トイレが大変だった。

宴会で呑むのも呑んだけど、食べるのも食べたから、出す量も半端なくて、マジ「ケツの穴、痛かった」。

チンコを入れられる時はあまり痛く無かったのにね・・・。

結局、述べ何人に身を任せたか判りません、数えて無いし。数える気も起きなかったし。

ただ、年配の親分さんたちには抱かれてないと思います。

人数も判らないし大体、誰に抱かれたのかも判らない。

危険日だったはずだけど、生中出ししちゃってるし。

私も全然、気にもしなかったけど幸い、直に生理が来たから良かった。

だって、明確に「この人が父親」って判っていて連絡が取れるなら為す術もあるけど・・・。

エリも無事、っていうか端からピル飲んでたみたい。

こうなるかもって、お誘いくれた人から聞いてたみたいで、少し友情にヒビが入ったけど、2ヶ月位で修復(笑)。

後から思うと、あんな経験普通は無いよね・・・と笑い話に変わった。

来年もあるかな?って聞いてみたら、同じ女の子は呼ばないらしい。

その言葉と、エリの微妙な微笑みが私に疑惑を抱かせたままでいる。

でも、エリは乱暴にアナルを使われたらしく、脱肛とかいう肛門内部の直腸の一部が肛門から顔を出す症状になり、彼氏にバックからのえっちを禁止しているらしい。

私にはそういう症状は無いけど、違う症状が出てる。

それは、職場とか合コンとかに関わらず、飲み会で自分をセーブする事なく酔い潰れてテイクアウトされてもいい覚悟で臨んでいる事と、エリに教えて貰った身体に負担を掛けずにほぼ避妊が可能なピルを飲んでいる事。

こんな私でも結婚願望はあるので、一般社会では精々、清純な振りをしている。

誰か私に騙される覚悟のある人に私を捧げます。

オススメ出会い系サイト

「グループセックス」をごらんのみなさまこんにちは。管理人です。みなさん、乱交好きですか?

私は乱交やスワッピングが大好きでして、出会い系サイトで女性二人組みと待ち合わせて3Pしたり、女性をハプニングバーへ連れて行って乱交しています。

ハプニングバーや乱交パーティーの最大のメリットは、自分が連れて行く女がブサイクだったとしても、かなりイケてる女とセックスができるということです。

出会い系サイトで、言うことを聞いてくれる女を調達して、ハプニングバーに行くっていうのは、もっとも費用対効果の高い方法だと思います。

それでも難しいなら出会い系サイトで援助交際をして、お金を払って女の子を雇って、スワッピングや乱交をするのがオススメです。1人にお金を払えば、その何倍もの女の子とのエッチが可能なんですから。

出会い系サイトで、1人、セフレを作れば、あとはハプバーに毎週通うだけで、たくさんの女の子と乱交が楽しめるんだからやめられません。

パートナーは大手出会い系サイトを利用すれば簡単に見つけることができます。いくつかの出会い系サイトに入会すれば、それぞれで無料ポイントをもらえるので、無料で女の子と出会える可能性も高いのです。

スワッピングパートナーを探したいならPCMAXがとくにオススメです。どうしても見つからない時は、少しだけお小遣いをわたせば簡単。それで何人もの女性と乱交を楽しめるのだから費用対効果はすさまじいものがあります。

PCMAX

ハッピーメール

イククル