そして押し倒され、そのまま博正は挿入しようとしてきて、 私はおまんこがヌルヌルだったので

この前、久しぶりにバイトも休みで、大学の悪友と
4人で飲んだんです。もちろん私の部屋で。

女2人に男2人。サークルで出会った仲間なんですが、
特に私たち4人は仲がよくて、まわりからは、
付き合えばいいのに、って言われています。

でもどうしてもそういう恋愛対象にはならなくて、
でも兄弟のように仲がよくて、久しぶりにみんなの
都合があったので、鍋パーティをしたのです。

いつものことですが、酔ってくると下ネタの話になるんです。
実は私、4人の中で唯一経験がないんです。だから、内容で
フェラとかクンニとかもしたことないし、されたこともないし、
いつも3人に聞いているんです。

ただ私は毎日のようにオナニーだけはしています。
自分ではすごくスケベと思うのですが、なかなか男性と
付き合うことがないんです。少し男まさりなところが
あるからと思います。

Hな話も盛り上がってきて、幸平が
「みゆもオナニー週に何回くらいしてんの?」
「は~、いつも聞くけど、そんなに私のオナニーを聞きたいの」
「そりゃ~興味はあるさ、だって処女だろ」
「はいはい、わかりました。週に1回はしてます」
「うそ~!」

一番に声をあげたのは、悪友のりつ子でした。
「みゆもやっぱりするんだ」
「いや、その、うそで・・・・・」

すると博正が、
「へえ~、なんか見てみたいな~」
「ば~か、私に5万払ってくれたら見せてあげる」
「それ分割でいいかな、それも体で払うよ」
「ばかじゃないの」

私は冗談と思っていたのですが、そのうちにさらに酔ってきて、
「じゃあ、今から王様ゲームをやります」

割り箸でくじを作って、王様を決めます。
最初はりつ子が王様で、とりあえず最初は軽く、
エッチ用語を連発。

次に幸平が王様になって、
「女子は上半身下着姿になれ~」
「はあ~、ちょっと待ってよ」

え~、とか言いながらりつ子はシャツを脱ぎ始め、
「みゆも脱いでよ~、あとで男どもに復讐するから」
「わかったわ」

一緒にブラ1枚になると男性陣から歓声が響き渡った。
「けっこう胸大きいな~、触らせろ」
「さあ、次、次に進んで」

次に王様になったのは私でした。りつ子とニタっとして、
りつ子から耳元で指示がありました。

りつ子の支持はすごい内容でした。
男は下半身裸という指示でした。私も酔っていたので、
「男どもは下半身裸になれ~」
「おい、まじかよ、そんなに俺達の巨根が見たいのか」
「つべこべ言わずに裸になれ~」

幸平と博正は仕方なくパンツまで脱ぎました。
すると半立ちみたいな状態で、
「え~、もしかして立ってる?」
「バカ言うな、はい、次々」

そして今度はりつ子が王様に。するとりつ子は
「みゆは幸平のあれをつかめ~」
「はあ~、まじで・・・・」
「早くしろ~」

私は目をつぶって幸平のおちんちんを掴むと、
それだけで少しづつ大きくなっていきました。

「わあ~、幸平の大きくなってきたよ」
「ちょ、ちょっと、もういいだろ」

私もすぐに手をおちんちんから外して、次に進むと、
今度は幸平が王様に。
「仕返しじゃ~、女どもはブラをブラを取れ~」
「え~、ちょっと、それはだめよ」
「王様の言うことが聞けないのか~」

私達は仕方なく後ろ向きでブラを取ると、片手で隠しながら
振り返ると、
「おう、セクシー、むらむらしてくるな~」
博正が言うと、そのまま次に進むと、博正が王様になった。

「みんな裸族になろう」
この号令で私たち4人は完全に裸になった。

そして最後のゲームになった。
最後も博正が王様だった。すごく喜んでいた。
「何にしようかな~」
「洋服着ろって言って~」
「じゃあ、オナニーをみんな見せ合おう」
「はあ~、本気なのか」
さすがに幸平はそう言ったが、博正は本気だった。

そして私が博正のおちんちんをなぜかシコシコすることになり、
みるみる大きくなるおちんちん。そしてゆっくりと手を動かすと、
博正は私のおっぱいに手を伸ばしてきた。

「きゃ、もう、いや~ん」
「みゆのおっぱいやわらけ~」
「うそうそ、私にも触らせて」

りつ子が私に近寄ってきて、おっぱいを触ると、
温かい手に思わず私は感じてしまった。
「うん・・・」
「あっ、もしかして今のは喘ぎ声?」
「違うわよ」

そして幸平はりつ子の後ろへ回り込み、おっぱいをギュっと
握りしめると、
「う、う~ん、幸平だめよ」
「いいだろりつ子、りつ子のおっぱいもやわらかいな~」
「もうだめよ~」

そして博正はこともあろうに私のおまんこに手を伸ばし、
「うわ、すげ、みゆ濡れてるぞ」
「濡れてないよ~」
さらに博正は力を入れて、私の手をどかし、おまんこに
人差し指を入れてきた。

「う~、あっ、あっ、あ~ん」
「みゆ、かわいいな、すごくかわいいよ」
横から幸平が口を出してきて、りつ子は幸平のおっぱい攻撃で
だいぶ感じているようで、
「幸平、私の、舐めて~」

すると幸平はりつ子の両足を開き、顔をうずめた。
「あん、あ~ん、幸平、感じる~」
「すごいよりつ子、ベトベトだぞ」
「もっと舐めて、吸って~」
私が見ている光景はすごいことになっていました。

「みゆ、オナニー見せろよ、さっき週1って言ってたろ」
「いやよ」
「じゃあ、俺がいじめるぞ」

酔っていたうえに初めて男におっぱいを触られ、
気が動転していて、でもりつ子は隣で、すごいことになっている。

博正は私のおっぱいを舐め始めて、もうブレーキがきかなくなった私は、
おまんこに手をやり、オナニーを始めた。
「いや~ん、恥ずかしいわ~、でも感じる~」
「みゆ、すごくかわいいよ、もっと声を出して」

耳元で博正が言うと、私はさらに大きな声を出して、
「あああ~っ、そう、そこよ~、だめ~」

そして私はいつもとは違う状況の中、絶頂をむかえそうになった。
「いや~ん、いく~、いっちゃう~、ああああ~っ」

そのまま横に倒れ込み、数分たっただろうか、我に返ると、
3人が私を見つめていました。

「みゆ、すごかったよ」
りつ子が最初に話かけてきた。
「みゆ、みんなの前でオナってたぞ」
「うそ、恥ずかしいわ」

すると幸平とりつ子はディープなキスを始め、
博正も私の唇に唇を重ねてきた。

「好きだ、みゆ、俺はお前のことが好きだ」
「いや~ん、そんなこと言われても・・・・・」

そして押し倒され、そのまま博正は挿入しようとしてきて、
私はおまんこがヌルヌルだったので、ヌルっとおちんちんが
入ってきた。
「う、ううう~、あああ~」

しかし痛さは全くなかった。痛さどころか、すごく気持ちよくて、
博正の腰の動きに、私も合わせながら、セックスってこんなに
気持ちいいのかと思いながら、喘ぎ声もりつ子の声が聞こえない
くらいの大きさになっていた。

そして2組のカップルは絶頂を迎えた。
それから朝まで、ずっと裸でいると、慣れてきてしまい、
裸のままトイレに行ったり台所に行ったりと、
ほんとに裸族になっていた。

でも男性のあの勢いのよかったおちんちんは、
あんなにもしぼんで、小さくなるのかと、不思議に思った。

結局、博正との付き合いは続いていて、友人関係が
長かったので、お互いの悪い部分もわかっていて、
今までと変わらなかったが、唯一違うのは、今は、
博正と週に1~2回はエッチをしています。

だから今ではオナニーはしていません。
でも博正とつきあって、本当によかったと思っています。
今は一緒に公務員になるために勉強とエッチの両立をしています。

オススメ出会い系サイト

「グループセックス」をごらんのみなさまこんにちは。管理人です。みなさん、乱交好きですか?

私は乱交やスワッピングが大好きでして、出会い系サイトで女性二人組みと待ち合わせて3Pしたり、女性をハプニングバーへ連れて行って乱交しています。

ハプニングバーや乱交パーティーの最大のメリットは、自分が連れて行く女がブサイクだったとしても、かなりイケてる女とセックスができるということです。

出会い系サイトで、言うことを聞いてくれる女を調達して、ハプニングバーに行くっていうのは、もっとも費用対効果の高い方法だと思います。

それでも難しいなら出会い系サイトで援助交際をして、お金を払って女の子を雇って、スワッピングや乱交をするのがオススメです。1人にお金を払えば、その何倍もの女の子とのエッチが可能なんですから。

出会い系サイトで、1人、セフレを作れば、あとはハプバーに毎週通うだけで、たくさんの女の子と乱交が楽しめるんだからやめられません。

パートナーは大手出会い系サイトを利用すれば簡単に見つけることができます。いくつかの出会い系サイトに入会すれば、それぞれで無料ポイントをもらえるので、無料で女の子と出会える可能性も高いのです。

スワッピングパートナーを探したいならPCMAXがとくにオススメです。どうしても見つからない時は、少しだけお小遣いをわたせば簡単。それで何人もの女性と乱交を楽しめるのだから費用対効果はすさまじいものがあります。

PCMAX

ハッピーメール

イククル